生物記録情報

新しい情報へ
2017.11.23
 現在の自然教育園内で見られる生物の情報をお知らせします。

 園内の見ごろ情報は1枚目の画像をクリックしてください。
 植物の開花リスト他は2枚目の画像をクリックしてください。
 3枚目の画像はウバユリの実と種の飛ぶ仕組みについての解説です。
 
 ウバユリはユリ科ウバユリ属の多年草です。花期は7月下旬頃で、茎の先に水平に数個、緑白色の花が見られます。
 晩秋の頃、成熟した実が割れて、中にある薄い翼のついた種子がぎっしりと詰まっているの
を見ることができます。割れた実の隙間にはブラインドのような網があり、種子がこぼれ落ちないようになっている上、風通しのよい構造となっています。これは強い風の時に飛ばされるよう、より遠くへ種子を運ぶための仕組みです。路傍植物園や水鳥の沼周辺で見ることができます。

〔生物記録情報〕
 動物の記録は以下のとおりです。11月23日は雨天のため、ほとんど昆虫類を確認できませんでした。
  
《クモ類》ジョロウグモ

《昆虫類》
  カマキリ類…オオカマキリ卵鞘、ハラビロカマキリ卵鞘
  チョウ類…イラガ繭

《鳥類》ハシブトガラス、スズメ、アオジ、メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、コゲラ、カルガモ、ドバト
園内の見ごろ情報
園内の見ごろ情報
植物の開花リスト他
植物の開花リスト他
ウバユリの実と種の飛ぶ仕組み
ウバユリの実と種の飛ぶ仕組み
画像をクリックすると大きくなります。
新しい情報へ